コンタクト通信販売

処方箋がなくてもコンタクト通信販売

コンタクトレンズを購入するには、まず、眼科で目の健康状態をチェックしてもらい、コンタクトレンズを装着できるか調べてもらう必要があります。病気や角膜の傷の有無などを調べてもらいます。また、コンタクトレンズについてのアドバイスもしてくれます。次に、目の形状や視力を調べてもらい、それに合うコンタクトレンズの処方箋を出してもらいます。レンズ自体の購入は、眼科や併設のコンタクトレンズショップかコンタクト通信販売を利用します。


コンタクトレンズを作るときに必要なデータには、眼球のカーブに合わせた、レンズのカーブ、視力に合わせたコンタクトレンズの度数、コンタクトレンズの大きさなどです。これに加えて、乱視用や遠近両用タイプのデータが必要になります。眼科や店舗などで処方箋を使って購入する場合は、これらは本人があまり知っていなくても問題のないデータです。しかし、コンタクト通信販売を利用する場合には、サイトでこの数値を入力しなければならないので、知っておく必要があります。


また、コンタクト通信販売の場合、処方箋がなくてもコンタクトレンズを購入することが出来ます。本来日本では、コンタクトレンズは高度管理医療機器であるので、処方箋がなければ購入することはできません。しかし、国によっては、コンタクトレンズに関する法律はないので、個人輸入をしてしまえば処方箋は必要ありません。また、個人輸入の代行をしている業者などを利用することもできます。税金や為替などで、日本で定価で購入するよりも安くなっていることが多いです。
コンタクト通販口コミ

処方箋がなくてもコンタクト通信販売では購入をすることが出来ますエントリー一覧